代表ご挨拶

常に新しい価値を創造し、社員と共に情熱をもって社会から必要とされる組織を目指します。

弊社は、2012年に電気設備工事業として設立し、技術の向上に日々取り組んで参りました。2014年から太陽光発電事業を開始し、環境問題の取り組みやエネルギーが経済発展に重要なことなど、多くの学びを得ました。 その結果、「私たちができる事」を考えるようになり、環境とエネルギーをドメインに、社会に貢献できる事業に積極的に取り組みたいと強く思い、「環境エネルギーと地域社会」をテーマにした企業へ今日まで成長してきました。

今、世界はITテクノロジーによる第4次産業革命へ、新しい時代に向けて大きく舵を切ろうとしています。この技術進歩は、エネルギー分野に於いてVPP(仮想発電所)などの新しいサービスが可能となるだけでなく、再生可能エネルギーのさらなる導入に向けた促進に繋り、地域社会の活性化にも寄与できると確信しております。

環境への配慮が世界的に重要視される現代に於いて、これまで以上に提案力と技術力の必要性、それは同時にビジネスチャンスと捉え、環境問題現場の海外視察経験を生かし、新たに環境エネルギー推進事業部を2019年に設置しました。この事業部は、今までの施工を主とした業務ではなく、国内だけでなくグローバルにソリューションの提供をしていく所存です。

起業理念である「育人=イクト」を胸に、組織の成長は「人」であると、これからも私たちは、常に新しい価値を創造し、社員と共に情熱を持って社会から必要とされる組織を目指し、高く評価される企業に変革して参ります。
皆様からのさらなるご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役  平井辰憲